なんの気なしにみてってよ!

毎日のなかで思った事、感じた事を記事にしています。長文の時はPC更新、短文の時はスマホ更新なので、バラツキがありますが、なんの気なしにみてっていただければと思います。

お金を借りる程困ってる人に教えたい事

突然ですが、あなたはどんな形でもいいので、
お金を借りた事があるでしょうか?

親・兄弟に借りる、友人に借りる、上司・同僚から借りる、彼女から借りる(女性から借りるのはクズ)と、いろいろな方法でお金借りると思います。

こまった時にお金の工面が必要で背に腹は代えられないとした借金…はっきりいってリスクだらけですよね。

周りの人から借りれば、確実に信用は落ちます…「あの人そんなにお金に困ってるなんでどうして?」なんて噂されたり、

さらに借りたお金を返せなかったり、返済に遅れたら「お金にだらしない人は生活や仕事に対してもだらしないんだ」って思われのが普通です。

「いやそんな風には思わないでしょ」という人もいますが、もしあなたがお金を借りる側ではなく貸す側だったら偽善者ぶっても、いざ被害にあったら同じように考えるはずです。

すくなくとも私は最近そう思う事がありました。

幸い私自身はいままで周囲の人はもちろん、銀行や消費者金融といったところからお金を借りる事なく生きてくる事ができました。(もちろん闇金にも手は出していません)

これからもお金のトラブルには縁がないように生きていきたいと思っていましたが、先日…友人から「5万円貸してほしい…じゃないと生活ができない」と頼まれました。

付き合いも長かったし信用もしているので、必ず返してくれる確信がありました。
先にいっておくと、きちんと友人はお金を返してくれました。しかもかなり早めに。

じゃあなんでこんなブログを書いてるんだ?

と思ったかもしれないですが、問題は彼ではなく私の問題です。

先にも書いたように「お金を借りる事で信用をなくす」「偽善者ぶっても同じように思うはず」

これまさに私自身が貸す側になった時に感じた感情でした。自分はそんなはずない、いいやつなんだから信用をなくす事はないと自分を信じていたんですが、

いざお金を貸して欲しいといわれて5万円を貸し、いわれた日より早くお金を返してもらったにも関わらず、私はお金を貸してから友人のことをどこか信用できなくなっている事に気が付きました。

頭では「こいつはいいやつだ!」と思っていても感覚的な部分で、よくわからない不信感を自分が抱いている事で、いままで食事や飲みにいっていた友人と、いまでは少し距離をおいてしまっています。

 

どんなに信用していても、お金にまつわる事は人に不信感をあたえるんだなと実感している今日この頃ですが、実際に渡しが体験したうえで、これからお金を借りると考えている人に言いたいのは…

お金を借りるなら周囲の人ではなく、銀行や消費者金融で借りた方がいい、借りれないなら死に物狂いで働くか、国や役所から借りた方がいいって事です。

お金借りるならちゃんとした金融機関から借りれば、甘えを抱かず返済しようという気になるし、周りに内緒にしていればバレる事はまずありません。

ってお金借りる人の事を調べていたときに見つけたサイトに書いてありました。

 

お金を借りる時にみんなが気にする事で一番多かったのが家族・恋人・友人にバレないかという事。正直、お金を借りると聞くと印象はよくないですよね。

 

できるなら、家族には内緒で借入をしたいという方のために、家族にお金を借りている事がバレてしまいやすい原因と、どうすれば家族に内緒のままで、申し込みから借入までスムーズにおこなえるのかをご紹介します。

 引用元:https://borrow-money.jp/

 

お金を借りるのは簡単ですが、人からの信用はお金で買うことはできません。

あなたがお金を「借りる側」なのか「貸す側」になるのかわかりませんが、あとになって後悔するような事がきっとあるはずです。

「金は天下の回り物」っという言葉があるように、困った時はフンっと耐えて自分に回ってくるのを待つ。回って来たものは大切にして話さないようにするのが一番です。

かなり真面目に書いたつもりですが、あくまで私個人の意見なので「そんな風に私はぜったい思わない」という人は、その信念を突き通してもらえばいいと思います。

ではまた~